5匹の猫と暮らしています。細々と猫のボランティア活動をしています。
2018年01月13日 (土) | 編集 |


Kさんが引き出してくれ、Tさんが慣れない子を
一生懸命お世話して下さったおかげで、うちに来てから
にゃーごにゃーごとお話しするし、お尻トントンして~と
お尻を上げるチャオ君、大変身となりました。

私は2回ほど夏にパンチを食らって、こわごわ
だったんだけど、お二人とも良くみて下さいました。

IMG_20180112_221248.jpg

物音とかには少し敏感です。
食べるのもガツガツではなく、いつの間にかカリカリが
なくなっているような感じです。

IMG_20180112_221440.jpg

抱っこして連れておろすと、こうやって
人の上でもまったりです。
でも、物音がするとすぐにケージにいっちゃいます。

怖がりは治らないかもしれませんが、
安心出来る場所ではかなりくつろいでいます。

1515416503374.jpg

明日は譲渡会です。
もう、君は卒業してもいいよ~!!
皆さま応援よろしくお願いします。


スポンサーサイト
2016年07月31日 (日) | 編集 |
昨日のTNR、夜7時半ごろにご飯をあげている方の所に
行き、様子をうかがっていましたが、隣の町で花火大会が
あったようで、ボーン、ボーンと地響きがするような音もあり
そのお宅のお隣さんが子供さんと花火をしていて、
今日は無理かな~と思っていました。

いつもそこにいるという場所に捕獲機を仕掛け
KさんやTさんのアドバイス通り、匂いの強いコンビニの
から揚げを入れておきました。

近くに車を止めて待機する場所もない細い道路なので
少し離れたコンビニで、待っていました。

30分後に一度見に行き、変化なく、また待機していたら、
1時間がたった頃でしょうか。
ご飯をあげていたEさんから電話があり、かかったみたいです。
ということで、見に行くと、子猫を連れて来ていた母猫でした。
母猫は、Tさんに託し、避妊後元の場所に戻します。

そんな中、2週間ほど前から捨てられている三毛猫がいると
聞いていて、Tさんの知り合いが三毛猫ちゃんの里親さんに
なりたいという方がいるとのことで、午前中に捕獲。

さくら280730

綺麗な三毛猫で、3ヶ月くらいでしょうか。
捕獲後レボリューションをして、この子もTさんに
お願いしました。

まだ他に人慣れした男の子が、捨てられていて
その子はうちのサスケくらいの大きさです。
捨てられる子が跡を絶ちません。

そんなバタバタな中、うちの子達のワクチンに
行ってきました。
少しづつずれて、昨日になってしまいましたが
動物病院を往復3回しました。

ぽんた(2013年生まれ)・・・5.4キロ
ハ ク (2014年生まれ)・・・7.2キロ
キ キ (2014年生まれ)・・・4.1キロ
は な (年齢不詳ですがハクと同じくらい)・・・4.1キロ
まいたけ(2012年生まれ)・・・4.1キロ

ハクを見て先生もデカっと言っておられましたが
無事にワクチンが済んでよかったです。
 
2016年06月30日 (木) | 編集 |
5,7280619

前回の保護した子を含めて、先週1週間で
3回大阪の別々の里親さんの所にお届けに行きました。

この子達いっちゃん、ななは、前日のお見合いが急に
キャンセルになって、お待ち頂いていた方がすぐに
見に来て下さり、里親さんになってくれることになりました。

ki280619.jpg
むーちゃんと読んでいたこの子は、幸せの鍵しっぽから
キーちゃんになり、奥様がご自宅におられるお宅に。

キーちゃんのご家族は、兄弟を気にして下さっていましたが
里親様が決まったことをお知らせしたら、喜んでおられました。
もう1匹迎えてもいいと考えて下さっています。

明日、また子猫がやってきます。
公共施設の植え込みで、草刈りをしたら
出てきた子。本来ならお受けするお話しでは
ないのですが、私と同じ預かりボランティアさんが
他にもいるから・・・と言われていて、引き受けることに
しました。

明日、まだ人慣れしていない4匹を迎えに行ってきます。
2016年05月20日 (金) | 編集 |


はながこんなにくつろいでいる・・・
しかも次男のそば
焼けるねぇ(笑)

あ、汚れたマットは気にせずに・・・(^^;

imageph280515.jpg

ぽんたとハクは、朝の5時から警備中。
いや、鳥さん観察?(笑)

最近はぽんたに起こされなくなりました・・・
私は毎日5時起きなので、ぽんたに起こされる前に
目が覚めていると言った方がいいのかも(笑)




先日の人慣れしていない子猫達。
今日、嬉しい報告がありました。
お子さんは強し!
私は中々抱っこ出来なかったキジ白の子を
見事に抱っこした写真が送られてきました。
時間をかけて、見守って下さるそうでよかったです!
2016年05月19日 (木) | 編集 |
みんな外猫が幸せに暮らせるように
そう願っていることだけど、人ってやっかいです。

結局、ボランティアをしようと思っても
人間関係で、離れていくことが多いのではないかな。

猫を思う気持ちは同じ。

継続して、やっていかなければならない。
まずは人間関係をきちんと築いてから
話し合いをしていきたいと思っているのだけど
それもせずに一方的に色々いうのはどうなんだろう・・・

継続的な支援と、そこにいる人達を理解に導くことが
大切なんだと思っているのだけど、そうでないかき回す人。

人づてに聞いたことだけで、反応して、現場がどうなっているか
見もしないで、そこの子達の状態もわからず・・・
そんな中でしているあなたの行動は、何?

すみません。愚痴です・・・