5匹の猫と暮らしています。細々と猫のボランティア活動をしています。
2018年02月12日 (月) | 編集 |
昨日は寒かったですね。
譲渡会の最中、小雪が舞っていました。


IMG_20180211_131015.jpg

風もビュンビュンきつかったです。
お外で暮らしている子達は大丈夫だろうかと
心配になります。

そん中、保護っ子達は、とてもよく頑張りました。。。
IMG_20180211_133024.jpg

チャオ君は、黒のケージを見たら、分かるのか
昨日は暴れたそうで、預かりTさんの手は傷だらけでした。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、
チャオ君、本当に美形猫です。
で、ちょっとおっちょこちょいな所もあるって
そこがまた可愛い!

そんなチャオ君を気に入って下さった方が2組おられましたが
お一方から、正式にお申込みが入りまして
今週末にトライアルになる予定です。

わんちゃんもうさぎさんもいる賑やかな
お宅だそうです。

長く預かって下さったTさん、少し寂しいかもですが
一番喜んでおられると思います。



譲渡会では、当たり前のことなのですが、
ペット不可のお住まいの方はどれだけ
良い方でも、お断りさせて頂いています。

お一人暮らしの方も、中々お申込みをしても
里親になれないという方もおられます。

きちんと面倒を見ます、終生大切にします、
そのお気持ちは十分に伝わってくるのですが
保護主側からすると、二度と保護猫達を
つらい目に合わせないようにと慎重になります。


実際に保護されて、しかるべき所から譲渡してもらったのに
すぐに保健所に連れて行かれたという話も今年に入ってから
聞いています。

こんな大変とは思わなかった、こんなに大きくなるなんて
思わなかった、お金がたくさんかかりすぎ・・・

それらのことを充分にお伝えすることも保護主の役目ですが
わずかな時間ですべてのことをお話しするのは難しい所が
あります。

慎重に慎重にお話して、ご理解頂いていると思っていても
上のような理由で戻ってくる子達がどこかで出てきます。

保護主さん達がなぜ慎重になっているかということを
少しでもご理解いただけたらと思います。




昨日の参加猫さん達の一部です。

IMG_20180211_141427.jpg

IMG_20180211_141412.jpg

IMG_20180211_141303.jpg

IMG_20180211_141152.jpg

IMG_20180211_141143.jpg

みな不安げな表情をしています。
たくさんの人に囲まれて、知らない場所で
頑張っています。
ぜひ、この子達にも良いご縁がありますように、
そう思わずにいられません。
スポンサーサイト
2018年02月11日 (日) | 編集 |


預かりTさんのお宅ですやすや眠るチャオ君。
最初は私2回くらいシャーとパンチを食らいまして
どうなることかと心配しましたが、穏やかなおしゃべり猫さんに
変身しました。

すっかり家猫さんです。

1518305790568.jpg

お外の鳥さんが気になって、こんな姿で外を
眺めているそうです。

子猫も可愛いけど、これくらい大きくなった子は
お世話がしやすいです。

少し怖がりですが、甘えん坊な男の子です。
去勢、ワクチン、血液検査すべてクリアしています。

今日は譲渡会で、昨日と違って良いお天気になりましたので
頑張ってきます。

1516151212579.jpg

たくさんの保護猫が素敵なご縁を待っています。
多頭飼育崩壊から救出された子達も来るそうです。

お時間のある方、これから猫と暮らしてみようと思われる方
ぜひ、足を運んで下さいね。






昨日はチャゴさんのパン教室
の日でした。

IMG_20180210_172849.jpg

私のスマホのカメラの色の具合があまり
きれいに出なくて残念なのですが、
チョコマーブルパンを習ってきました。

IMG_20180210_171457.jpg

チョコの折り込みシートの作り方は簡単に
出来るようなレシピにして下さっています。

IMG_20180210_162411.jpg

先生のお宅のミアちゃんは、終始一緒にレッスンを
受けていました(笑)

2018年01月08日 (月) | 編集 |


知り合いが保護しているキトちゃんです。
うっとり、美人さんです。

1515371247327.jpg

ご友人の職場で人馴れしている猫がいると
連絡があり、外で生活していくのは可哀そうと
保護したそうです。

1515371231453.jpg

血液検査陰性、ワクチン1回済、避妊手術も
済んでいます。まだ、若い子です。

可愛い首輪もしてもらっていて、譲渡会では
頑張っています。

サビ猫は、とても賢い子が多いです。
そして、猫初心者に方でも育てやすいと
言われています。



1515371221038.jpg

お次は、ロシアンブルー風のロッシー。
この子も血液検査陰性、ワクチン1回済。
4,5カ月くらいの子です。去勢済です。

人馴れ修行中です。他の子とは仲良く出来る
そうなので、先住猫さんがいる方がいいかも
しれません。

1515415553410.jpg

ボスにゃんになりそうな迫力のある子です。

1515415547435.jpg

こんな姿も見れますが、まだ少しシャーって
いいます。
猫の飼育経験豊富な方、いかがですか?


1515371169609.jpg

そして、おちゃめなチャオ君。
今週いっぱいはうちにいます。

当初は、人が怖くて、シャーもパンチも
出ていましたが、今は穏やかな子に
なりました。
去年の春生まれのすこーし怖がりな男の子です。

1515371197059.jpg

昨年末の譲渡会の帰り、主人に抱っこされて
います。

聞くところによると少しどんくさいそうですが
チャオ君も頑張っていますよ!!!

次回は、今週末3か所で譲渡会があって
競争率も高いんですが、ぜひ良いご縁をと
思います。

1515416503374.jpg


子猫の内から飼いたいというのは
本当によくわかります。

ただ、一番可愛くて、でも一番大変な時期。
少し大きくなって、落ち着いた子達もまた
あまり気を使う必要もそこまでないので
おすすめです。

まだまだ、保護猫が増えていきます。
ぜひ譲渡会に足を運んで下さいませ。






2017年12月31日 (日) | 編集 |
年齢とともにどんどん時間が過ぎるのが
早く感じます。。。

KさんとTさんと一緒に一年間活動してきました。
さて、今年一年を振り返ってみます。


去年の大みそかに保護した兄弟です。
17-01-10-21-36-55-467_o.jpg

写真の茶トラは、おーちゃん。

DSCF2152.jpg

こちらは大事に大事にしてもらっている
かりんこと梅子ちゃん。

DSCF2108[2305843009213704656]

譲渡会では、絶対この子とずっとケージの前から
動かなかった里親さんのお宅にいったみぞれ。

1487461519957rin.jpg

そのあと、ご近所さんからの苦情で、ご飯を食べに来ていた
親子を保護して下さったSさんの保護猫りんちゃん。
慣れないりんをりんのペースで・・・と見守って下さっている
里親さんには、感謝です。

1487161490835-hina.jpg

Kさんがりんちゃんより先に生まれたひなちゃんを
保護して下さって、ひなちゃんも素敵な里親さんの所に
いきました。

IMG_20170327_224908.jpg

春、いつものママがしっかり育てていた兄弟です。
2匹は一緒に里親さんの所に行きました。

1490450403392.jpg

上の子達の兄弟は梅子ちゃんの里親さんが
迎えて下さって竹蔵君に。

titi_20170412_215640.jpg

小さく生まれて、育つかどうか・・・と心配したチッチは
KさんとTさんがしっかり育てて下さって、ついこないだ
立派に成長している写真が届きました。

1493547578011.jpg

生まれてすぐに母猫とはぐれた60グラムの大ちゃん。

1493547582663.jpg

兄弟の48グラムだった小ちゃん。
2匹一緒に里親さんが大切にして下さっています。
小ちゃんがウールサッキングかもしれないと
ご相談を受けて、真剣に小ちゃんのことを考えて下さっている
ことがわかりました。

1514716776537.jpg

知り合いの猫カフェさんにご相談があった乳飲み子だった
兄弟は、りんちゃんの里親さんがそのまま引き取って下さいました。

IMG_20170514_095443.jpg

おしゃべり好きなりんちゃんは、猫を亡くされてもう一度
やっぱり猫と暮らしたいとお迎え頂きました。

IMG_20170603_214556.jpg
IMG_20170603_214622.jpg


美容師さんがお世話している子が産んだ3兄弟の内の2匹。
この子達は、私の10年来の友達の所に行きました。

1503063376263.jpg
1499927771614.jpg

残りの1匹と美男子レオは、2匹で里親さんの所に・・・

1498212014696.jpg

そして、陽&ヒマ兄弟。望まれて望まれて里親さんの所に
いったのにヒマはFIPになり、天国へ。
陽は気になることがある中、大切にして頂いています。

1501336396621.jpg

いつもの餌やりIさんのお宅の側溝で鳴いていた
てるは、てるが来る前にそっくりなぬいぐるみが
おうちにあったという運命の出会い。

IMG_20170815_082056.jpg

私が通う場所で独りぼっちで頑張っていた
ラッキーは、昨年も私がお手伝いした子の
里親さんに迎えて頂きました。

1503714209460.jpg

今年の一番の幸せ大賞でしょうか。
けがをしてボロボロだったサキちゃんことわさびちゃん。
猫取り名人さんの目の前に現れたラッキーな子です。
わさびちゃんの里親さんには3人も里親さんを紹介して
頂きました。

1505638700096.jpg

夏にTNRの相談に来られた方からお預かりした
ちゃお君。今はTさんのお宅にいて、絶賛里親さん募集中です。
だいぶ慣れてきて、ご主人がかぶがぶ噛まれながら
触ってもらっていました。

1506783568477.jpg

そして、一番びっくりしたのがこちらの兄弟の三毛猫のこみち。
譲渡会に連れて行けなかったのは、それなりの理由があった
みたいで、今では里親さんのお膝の上でまったりしています。

キジトラまつは、箱入り娘のように大切に大切に
まつのペースに合わせて下さる里親さんの所に。

そして、茶トラのふうは、どれだけ検査しても原因が
はっきりしない少しだけ尿が漏れたりする症状がまだ
改善されておらず、どうやらKさんのお宅の子になるようです。

IMG_20171015_192102.jpg

ご年配のご夫婦が飼っていた猫を看取り、やっぱり
寂しいからと外で頑張って頑張って、半年間暮らしていた
夢ちゃんを迎えて頂きました。
奥様に抱かれると、胸でふみふみを始め、感動したものです。

thumbnail_IMG_20171101_215706.jpg

いつもの場所に捨てられていた人なれ抜群の
もみじは、動物大好きなわさびちゃんのご紹介下さった
お知り合いの方の所に行きました。

IMG_20171125_085604.jpg

知り合いの美容師さんがお世話している
ママが産んだ4匹兄弟のうちべっぴんさんの
みりんちゃん。
わさびちゃんと仲良くしているそうです。

IMG_20171125_085712.jpg
IMG_20171209_131049.jpg

トーマ君、ココアちゃんは、一緒にわさびちゃんの
里親さんのお友達のところに。
あとから保護されたココアちゃんは、しっかりした
体格で、トーマ君はたじたじかも(笑)

IMG_20171125_085812.jpg

こころちゃんは、名前が中々決まらなかったみだいですが
つくしちゃんに落ち着きそうです。


Kさん、Tさんと個人ボランティアで頑張ってきた
この一年。お手伝いも含めて、30匹の子達が
幸せになりました。

色々とあった一年ですが、少しでも幸せな子達が
増えていくように、TNRも含め、ぼちぼちと活動して
いきます。

1年間ありがとうございました。
そして、来年もよろしくお願いいたします。
2017年12月24日 (日) | 編集 |
1482582195008.jpg

だいぶおさぼりしましたね。
ココアちゃんのことも、パン教室のことも書きたいことは
いっぱいあるのに、パソコンの設定が終わっておらず
古いパソコンをだましだまし使っています・・・

クリスマスイブにふさわしい記事ではありませんが
少しだけお付き合い下さい。

写真はちょうど一年前に多頭飼育崩壊のある場所から
引き出した成ちゃん。

多頭飼育崩壊とは、過剰にペットの飼育をし、
不妊手術等を怠った結果、飼い主が破綻して、
ペットの適正な飼育が困難になること。

アニマルホーダー、アミマルコレクターとも呼ばれています。

アニマルホーダーとは、自分の飼育能力を超えてペットを
飼っている人のことを言います。

結果、病気の治療は行えず、ご飯も満足にあたらない
栄養失調の子達には、病気が蔓延して、それでも野良猫を
保護して家に入れてしまう、不妊せずにさらに増えるというような悪循環に
陥っています。

また、多頭飼育崩壊、アニマルホーダーと呼ばれる人達は
これらを繰り返します。



そんな犠牲になった成は、昨年12月25日、クリスマスの日に
天国に旅立ちました。

自分のリスクも顧みず、成の保護をして下さったKさんは
成は良くなると信じて一生懸命病院に通って下さいました。

もう2度とこんなことは繰り返してはいけないとKさんと
誓ったものでした。


アニマルホーダー、多頭飼育崩壊、そういった状態の人は
死に鈍感になります。

育たなかった子、病気になっても治療も出来ずに
亡くなっていく子がいても、仕方がない、
どうせ育たなかった命等と言い訳をします。

海外では、多頭飼育、アニマルホーダー等は
精神疾患とみられています。

個人の保護活動者は、ほっておけない、
見たら、聞いたら、保護せずにはいられないと
思います。この子も、あの子も幸せになってくれたら・・・

なので、一番気をつけたい、気をつけないといけないのは
本当はこういった活動をする人なのかもしれません。

私も昨年は、腹違いの子達を同時期に沢山家に
いれたこともありました。

幸いその子達はみな里親さんが決まって、
幸せに暮らしていますが、我が家の5匹の子達を
ないがしろにしないように、この子達のためにも
自分の節度を守って、身の丈にあった活動していきたいと
思います。

そのために、成の亡くなった12月25日を多頭飼育崩壊を
考える日にしていきたいと思います。
これはきっと成からの宿題のような気がするので
ちゃんと宿題を、復習を、していきたいと思います。

命を持って教えてくれた成ちゃん、ありがとう。

17-12-15-06-20-43-540_deco.jpg

最後にまいたけファンですと言って下さった
里親様がいらっしゃったので、ハク&まいたけの
クリスマスバージョンの写真で今日の記事は終わりです。

皆さま、猫達に素敵なクリスマスプレゼントが届きますように!!