4匹の猫と暮らしています。猫の保護活動も始めました。
2017年06月14日 (水) | 編集 |
IMG_20170613_064158.jpg

我が家にご飯を食べにくるブッチー。
やっと術後の写真が撮れました。
10日の朝、ブッチーとその一族と思われる
男の子と一緒に手術にGO

心なしか外でにゃごにゃご鳴く声が
少なくなった気がします。






IMG_20170613_055515_567.jpg

さて、今週お見合いのあんずちゃん。
前にもあんずちゃんはいましたが、この子は
預かりさんが名付け親です。

IMG_20170613_055311_508.jpg

こちらはホップ君。どちらか1匹をと
言っておられますが、2匹一緒に
お迎え頂けないかな~とひそかに思っています。

2人とも可愛いです。
血便が出て、Kさんが病院に連れて行って
下さっています。

我が家の子もそうですが、ご飯が合わないと
下痢をしたり、軟便になったり、血便が出たり・・・
その度、病院に走ります。


陽もヒマも私がセールで買ったパウチが
合わなかったのか下痢で、病院に行きました。
今はピンピンしていますが。


1497304303361.jpg

手前がヒマで奥が陽。
最初の頃は、陽にやられっぱなしで心配した
ヒマもこの頃仕返しもしています。

ヒマは、先方様のお仕事の都合で、ちょっと先ですが、
お見合いの話が入りました。

陽君もそろそろワクチン・血液検査が出来そうです。

スポンサーサイト
2017年06月10日 (土) | 編集 |
さて、ほんとにほんとに1枚も写真が撮れずに
終わってしまったTNR。

ご自宅の1Fを開放して下さった方がおられ
ご近所迷惑も考えて、撮影はなしとなりました。

当初お聞きしていたのは、5匹でしたが
うちの近所で外飼いしている方がおられ
主人がTNRをしませんか?と声をかけましたが
積極的に協力して下さる感じでもなかったので
そのお宅の子であろう子を2匹捕まえました。

相談があった2件は、結局時間までに
お目当ての子が現れずで、断念。

そして、私がTNRをしようと思っていた昨日の記事の
男の子もどうやらその場所を追い出されたようで
いなくなってしまっていました。

その変わり、女の子1匹を餌やりさんが
キャリーで捕まえて下さっていて、その子の
手術が出来ました。
写真は撮れていませんが、この女の子は
どうぶつ基金さんチケットで手術が出来ました。

そして、聞いていた子達が保護出来たと
チーム命の輪の代表の方からの
連絡で、結局合計10匹のさくら猫が
誕生しました。

うちから連れていった男の子は、頑張ってこの辺りを
守ってきたのでしょうか。
傷だらけでした。喧嘩が強い子は、えらが張り、皮が
硬いのだそうで、首を掴もうにも掴めないほど。
手術で麻酔が効いている間に、初めて彼をなぜることが
出来ました。

他にもお腹にヘルニアがあった子は、ヘルニアの手術も
してもらえました。
断尾しないといけなかった子も・・・
みんな外で頑張って生きてきた証拠ですね。
彼らの余生が穏やかで、長生き出来ますようにと
祈ることしか出来ませんでした。

朝8時から19時までお昼のわずかな休憩と
手術の合間に少しお茶を飲んだだけの先生と
スタッフの方。本当に頭が下がります。

当日、翌日には外にリリースするため
猫達のことを一番に考えて下さって、手術を
して下さっています。

会場の準備をして下さったYさんは
自転車で移動しているんですね。
皆さんの協力があって、出来たこと。
本当にお疲れ様でした。

さぁ、来週はクロクロ達の譲渡会です。

o1020144413945234813.png

こちらの譲渡会に参加します。
お時間がおありの方は、ぜひ
いらして下さいね。
2017年02月27日 (月) | 編集 |


一斉TNR、無事に終了しました。
今回、私の友人と私が相談を受けた8匹も
無事に不妊手術が出来ました。

みなしご隊の皆さん、神戸ノラネコ実行委員会の
皆さんに感謝です。

今回は、私達の連れて行った子達の手術の間
お手伝いをさせて頂きました。

17-02-26-08-52-24-436_photo.jpg

過酷な環境で生活していた子達は、肉球が
硬いんです。
一生懸命生きている証拠でしょう。
胸が詰まりました。

また、この時期は、怪我をしている子もいました。
リリースは、難しいと言われた子は、ボランティアさんが
引き取ることになったようです。
次回は、10月だそうです。



IMG_20170226_ri.jpg

りん、少し慣れてきたみたいです。
シャーは言いますが、今日は触らせてくれました。

1487161490835-hina.jpg

友人の預かりっ子、美人のひなちゃん。
友人にはスリスリゴロゴロになったとか。

3月12日の譲渡会に参加予定です。

この子達の母猫は、昨日のTNRで無事手術が
出来て、保護主さんのお宅の子になるようです。



IMG_20170226_p.jpg

最後は、ぽんた。
こたつにこんな格好で、入っている姿は
初めてみました(=^・^=)


2017年02月25日 (土) | 編集 |
DSCF2197.jpg

明日は神戸ノラネコ実行委員会さんが
主催の一斉TNRの日です。

TNR(不妊手術)をした子は、写真の子のように
耳カットが入っています。
ちゃんとお世話をする人がいるという証拠にも
なります。
これ以上野良猫を増やさないためにもTNRは
必要なことだと思います。

私の所からは、2匹の女の子。
どうしても捕まえたかった子を捕まえることが
出来ました。

肝心の毎回子猫を産んで育てあげるお母ちゃん達
2匹のうち1匹は体調が悪そうで、捕まえるのを
断念しました。

もうい1匹のお母ちゃん、もうお腹が目立っていました。
捕獲機を横目にして、さっさと逃げてしまい、その後は
姿を見せませんでした。
賢い子との知恵比べは、まだまだ続きます。

そして、一緒に活動しているKさんが相談に乗っていた方や、
私が相談に乗っていた方の子達も無事捕まり
明日は8匹の子を連れて行きます。
無事に手術が終わりますように。

2016年11月02日 (水) | 編集 |


先週は、TNRの準備で大忙しでした。
依頼された方の所に訪問し、状況の確認から
捕獲機の確保と分配、捕獲のお手伝いと
色々と大変です。

経験してみてわかったことは、やはりきちんと
した説明が必要なことです。
TNRの意味をお伝えすることと
捕獲当日の流れ、手術が終わってからのことは
-前もってしなければならなかったと反省です。

でも、1度経験されると皆さん変わります。
捕獲機なんか使えないと言われていた方が
終わると、使い方をご近所さんに説明されるのです。

今回は、広島から犬猫みなしご救援隊の方が
こちらに来られて、約90匹のさくら猫が誕生しました。

私達がお手伝いしたのは、4件の方で合計17匹。
うち3匹が男の子で、あとは女の子ばかりでした。


1478084995652.jpg

そして、やっぱりと言っていいほど、子猫がいます。
2匹は別々のお母さんの子だそうです。

手前のシャムっぽい白い子の兄弟1匹は、TNRの数日前に
亡くなったのだとか。

奥のキジ白は、ご近所さんに預かって頂いて
シャム系の子は、私の友人が預かってくれています。
保護して、すぐに病院に走りましたが、体温が33.5℃と
低く、危険な状態だったと思います。

名前は蒼ちゃん。9月22日以前に生まれていると
聞きましたが、体重が400gしかありません。

ご飯も食べに来ていたそうですが、一番最後に
来るので、あまりちゃんとご飯も食べていなかった
ようです。

今は暖かいお家にいて、少しづつ元気に
なっているようです。



1477022662005.jpg

そして、来週末は譲渡会と手作り作家さん達との
イベントがあります。
少しでも幸せな子が増えますように!