はな



保護する前から、本当に人懐っこくて、
たまもそうだったから、この子達はそういう
遺伝子を持って生まれた子なのかも。
とりあえず、仮の名前は「はな」になりました。

甘噛みをしますが、人懐っこくて、膝乗りにゃんこです。
獣医さんの検査では、エイズも白血病もマイナスでした。

来た日は、そんなそぶりはなかったのですが
環境が変わったからか、皮膚病なのか、手足を
舐めて、毛がうすくなっているところがあります。

鳴き声は、かすれ声で、小さく聞こえないような
声で鳴きます。
その点もたまと同じ。←どうしてもたまの兄弟にしたいみたい(笑)

imagehana10242.jpg

大人しく、ずっとゴロゴロ言っています。
先住猫達ともつかず離れずの距離。
マイペースで大人しい子です。

imagehana1024.jpg

旦那さんは、離したくなさそうですが・・・
スポンサーサイト

新しい一歩



今日は、二つご報告が・・・

まずは、ハクから。
旦那さんが横になっている上にゴロンと
横になります。

imageh.jpg

だいぶ貫録が出てきたでしょ(*^^*) フフ
以前、ハクは粗相をするのでどうしたらいいか
色々アドバイスを頂きました。

小さい粒のネコ砂は、他のにゃんず達にも人気です。
トイレを増やして、砂も2種類にして、ハクも
大きくなったからか、粗相はここ数週間ありません。
ちょっと落ち着いてきたのでしょうか。
ほっとしています。



そして、もう一つは

imaget10181.jpg

先日、たくさんの野良ネコがいる墓地で、
人懐っこい子がいると書きました。

主人と随分悩みましたが、ゲージを買い、
準備も出来たので、保護しました。

えさやりボランティアさんに声をかけないと心配
されるので、ボランティアさんが来そうな時間帯に
墓地に行き、辺りをうろうろ。

しばらくすると、ボランティアさんがみえて
色々話を聞きました。

ここにいた、2~3匹のネコ達が
亡くなったそうです。
そういえば、一匹ひどく風邪をひいている子が
いました。
ボランティアさんも生活があるので、ギリギリに
ならないと病院にも連れていけないようで、行った時には
遅かったようです。
今朝、埋葬した子もいたようです。

ご飯は食べることが出来ても、猫にとって、
外の環境はこれからの季節、もっと大変になります。

大きな墓地なので、車に引かれることもあるようです。
ここなら、ご飯に困らないと捨てに来る人が
後をたちません。

木の陰にいくつかの、キャリーが置いてあって
ネコの頭数分はないでしょう。
そこで、寒さをしのいでいます。

数週間前、気になって墓地に行った時に
いた子猫達。
個人でする保護活動がどれだけ大変か
少しだけわかった私達は、その子達を
連れて帰ることは出来ませんでした。

1週間後にもう一度来た時には、3匹とも
いなくて、ボランティアさんもいない時間帯だったので
どうなったか、わかりませんでしたが、やっぱり
カラスにやられたりして、3匹とも亡くなったようです。

この子もそういうことにならないように。
ボランティアさんにこの子はうちで保護しますと
伝えたら、もし飼えなくなったり、何か理由が
出来た時には、またここに連れてきていいからと
おっしゃっていました。

高齢の女性は、この子がこの冬を越せるだけでも
嬉しいと何度も頭を下げておられました。


保護したミケちゃん、月曜日に病院に連れていこうと
思っています。

膝のりネコ



写真は、キキ。
キキは、袋が大好き。

台所でいつもレジ袋を取ってきます。

でね、澄ました顔をして、誰にも見つかっていないよ~
みたいな感じで、レジ袋を加えて、リビングを横切って
いきます。
そして、隣の和室に行って、袋を転がして遊んでいます。

仕事から帰ってきたら、部屋にレジ袋が散乱している
こともあります(笑)


imagek10101.jpg

寒くなってきたからか、キキは、私がパソコンの前に
座っていると、膝の上で眠っています。
こういう瞬間が欲しかったの~と思いつつ
足がしびれて動けなくなることもしばしば(笑)


imagek1010.jpg

猫も個性豊かで、見ていて飽きません。



*ゲージを買いました。
最近休みになると、あの墓地に行っています。
3匹いた子猫は見当たらなくなってしまって
えさやりのボランティアさんに聞いても、所在不明でした。
カラスもたくさんいたので、カラスにやられてしまったのかも
しれません。

喧嘩でけがをしている子。
見るからに体調の悪そうな子。
目が見えない子。

猫にとって、何が幸せなのか、ずっと考えています。
ここで、えさやりさんにご飯をもらって生活
していく方が人と暮らして20年ほど生きるより
この子達にはいいのではないか。。。

墓地に一匹、まだ大きさから見ると、半年くらいの子で
とても人慣れしている三毛がいます。


imagenora1004.jpg

それ以上大きくならないのか、まだ子供なのか
わかりません。
その子を保護出来ればと思っています。
けど、この子・・・・妊娠しているかもしれません。

ぽんくん おめでとう



何とも言えない寝顔です。
メイに続いて、ぽんたも一歳になったと
思います。

逆算したらの話ですが、わかりやすい誕生日に
しました。

君たちのしぐさの一つ一つが、私達にとっては
いとおしいものなのです。

人は、ご飯を与えたり、住むところを提供したり、
トイレの掃除をしたりしていますが、与えてばかりでは
ないんです。

君たちにちゃんと愛を教わっているのです。
だから、来てくれてありがとう。

君たちの仲間が、幸せに暮らせるように
私も何かしないといけないと思っています。
ちょっとの勇気だね・・・

imagehk10081.jpg

imagehk1008.jpg

最近の旦那さんとのラインのやりとりは
必要事項以外は、ネコの写真のやりとり(笑)
この写真も旦那さんが送信してくれました。

パン教室




今日は、チャゴさんのパン教室に行ってきました。
どうして、このブログに書くのかというと・・・


チャゴさんは、ネコの預かりボランティアを
されていました。
手作りパンも興味がある、でも、ネコの預かりさんって
どんな活動?と気になることがいっぱい(=^・^=)


同じ市内だし、せっかくのお休みを有意義に使おうと
申込みをしたのでした。


ご自宅で、教室をされていらっしゃって
今日集まる方は、ネコ好きばかりと聞いて
どんなことになるかと思いましたが、案の定
4時間、ネコの話題満載でした。

大阪から来られている方は、5にゃんのママさん。
ご近所さんで、チャゴさんの預かりだったネコの
里親さん、そして私。

パン作りのポイントを詳しく教わりながら
色々お話していると、うちの3にゃんは
淡路島の保護部屋さんから迎えましたと
いうと、チャゴさんもブログをご存じで、
毎日ブログを見ているとのこと。

「にゃんむすさんてどんな方?」
「あーもんさんとお会いしました?」

で、うちの子のことも保護部屋に来て
すぐにもらわれていった子だってよく
ブログを見ておられました。

そんなこんなで、あっという間の4時間。
焼き立てのパンと、スープをいただきました。

でね、チャゴさんちのにゃんずは、少しだけ
顔をみせてくれましたが、ほとんど2階に
いました。黒猫さんが3匹だそうです。

人のご飯にはまったく興味がない子達で・・・
と言っておられました。

うちは、私が台所でごそごそすると、4にゃん全部
集まってきます。

まな板も踏みつけるので、料理の時間は、
この頃は部屋の外にいてもらうこともしばしばです(^_^;)

それにしても、パン教室、参加してよかったです。
持っていた、パン型も引出しに眠っていましたが
使えそうです。




桶入り息子

imageh10011

この頃、ハクは小さい時のやんちゃ猫から
変わってきて、甘えん坊になってきました。

スリスリゴロゴロもするようになって
ここ数日は、粗相もしていません。
可愛いイケにゃんです。

昨日の手巻き寿司の後、桶を洗って乾かしていると
ちょうどいい大きさだったのか、桶の中で眠りそうです。

私は、動物と一緒の布団に寝るのも出来ないと
思っていたのですが、今はある程度のことは
何でもOKとなりました。

夕方のハク
imageh1001

居心地がいいなら、この桶は君にあげるよ(*^^*) ポッ








プロフィール

チャとらん

Author:チャとらん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
里親募集中
いつでも里親募集中
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR