4匹の猫と暮らしています。猫の保護活動も始めました。
2016年11月20日 (日) | 編集 |
10月末のTNRでは、合計8匹の子猫が
保護されました。

IMG_20161114_221510.jpg

我が家に来たムギは、今日お届けでした。
綺麗な三毛猫のお姉さんがいる新築して
1年のお宅に行きました。
リビングは、猫仕様のお家で、壁も猫が
爪とぎをしない壁紙に。
キャットウォークもありました。
以前のお家では、カーテンがボロボロに
なったことから、カーテンを使わないでよい窓に
されていました。

先住猫ちゃんがいるので、1週間ほどトライアル後
お返事を頂くことになっています。

IMG_20161114_221526.jpg

そしてウサギのしっぽの蒼もうちに来ています。
蒼は、未熟児で生まれたのでしょうか。
2ヶ月をそろそろ超える月齢ですが、まだパウチを
食べるだけです。
なので、体重もあまり増えていません。
風邪も治りにくいので、もう少し栄養価の高いご飯に
しなければいけないなと思っています。


残りの子達は、体調を崩して入院をしている子が
2匹。そして、TNRの依頼をされた方の所に3匹。

TNRの依頼をされた方は、譲渡会でも活躍されて
熱心にお声をかけて下さっていました。

譲渡会の日は、お仕事も休んで、ご自身の猫4匹を
連れてこられていたのですが、猫達にはみな
この人と思う人には、アピールするようにとずっと
声をかけておられたのだとか。

6ヶ月の子には特にたくさん声をかけていたそうで
お一人が立ち止まった時にその子がニャーと鳴いたので
猛アタックしたのよ。私必死だった。とお話しして
下さいました。

私のように保護活動をしている者は、その熱心さが
かけてしまっているかもしれないとハッとしました。

保護主さんの必死でこの子達が幸せになるように
という気持ちは、猫達に伝わっているのですね。
スポンサーサイト
2016年11月13日 (日) | 編集 |
今日は譲渡会でした。
でね、ほとんど写真が撮れていません。

実は、今回見に来て下さる方は少ないんじゃ
ないかと思っていました。

それが何の何の、50人以上の方が(多分)いや
もっとかな、それだけの方が来て下さっていました。

中には、あちらの譲渡会、こちらの譲渡会と
梯子をされたご家族も。

当初25匹の参加予定でしたが、結局20匹の子が
エントリー。

来てそうそうお腹の調子が悪くなった子や
一度も威嚇をしなかった子が、たくさんの人に
見られて、早めに帰っりしましたが
10匹の子にお話しが入りました。

後日お返事しますという方も何名か
いらっしゃいました。

16-11-13-14-26-10-113_photo.jpg

T市のTNRをした際に一緒に手術をした
半年くらいの子。
少しイカ耳ですが、随分慣れています。

FB_IMG_1479039636879.jpg

今日は早退してしまった、兄弟。(白女の子、ハチワレ男の子)
この子達は12月の半ばまでしか、今の預かりさんの所には
居られません。
ですので、早くステキなお家を見つけてあげたいと思います。
ワクチン済
血液検査陰性
人慣れした3.5ヶ月くらいの子達です。


うちにも蒼ちゃんがやってきています。
TNRした場所で生まれていましたが
保護した時は、33.5℃の低体温で
慌てて病院に走りました。

幸いKさんが、一番大変な時に見て下さって
落ち着いてきたので、うちに来ました。
まだ可愛い写真が撮れていません。
撮れたらアップしますね。

猫達も、ご協力下さった方、里親さんになって
下さった方、ありがとうございました。
2016年11月09日 (水) | 編集 |


10月の終わりのTNRを依頼されたご近所さんの所に
3匹の子猫が生まれていました。

母猫は不妊手術をして、元の場所に戻しましたが
子猫3匹は保護しなければ、この場所もまた
同じことの繰り返しになります。

ご飯をあげていた、ご近所さんの娘さんが
3日間頑張って、写真のムギを保護しました。

1478516973275.jpg

兄弟2匹は保護当日、すぐに捕獲機に入ってくれていましたが。
執念ですね。娘さんは、ちゃんと猫貯金もして下さっていて
この子達のことを本当に心配されていたのだと思います。

娘さんのお宅には、3匹兄弟と血の繋がった一番弱っていた子が
お家にいます。

1478516965630.jpg


1478516953506.jpg

1478481644970.jpg

娘さんのお宅には、ケージを置くスペースが
ないため、小さなケージしか置けず、最後に保護された
ムギは、うちにいます。

写真で見ると、慣れているように思いますが
がっちり固まって動けない子です。
主人が、1匹でいるのが可哀想で、一緒に布団に
おいて寝かせたら、トイレにも行けずに我慢して
布団の上に粗相。
これもきっと少ししたら良い思い出になるのでしょう。

3匹一緒にとはいかないかもしれませんが、
この子達も幸せになってもらいましょう。
2016年11月06日 (日) | 編集 |


この子が保護されたのは、10月の半ばだったでしょうか。
いつもの餌やりさんの所に、箱に入れられ、せっかく
餌やりさんがいる場所に連れてきているのに、そこの
ゴミ箱に箱ごと捨ててあったといいます。
置かれた箱を違う人がゴミ箱に入れた可能性もあるのですが・・・

餌やりさん達にとって、捨て猫は日常茶飯事。
年金暮らしの方がほとんどなので、捨てられた子を
家に連れて帰る余裕もなく、ほったらかしになります。
捨てた奴が悪いと・・・

私がお手伝いをしている方は、どうしてもそういう子を
無視することが出来ずに連れて帰られるため、
私もその方のお手伝いをしているのですが、2匹捨てられていた
この子の兄弟は、見当たらず、この子だけを連れて帰られました。

我が家にやってきたのは、一昨日。見た瞬間、昨年私の所から
保護っこの里親さんになられた方の顔が浮かび、
そのまま連絡。その方は11歳の先住猫ちゃんを
夏にガンでなくされていたこともあり、お声かけさせて
頂きました。

お互いの日程が合わずに、急きょ昨日の夜に
お届けに行ってきました。

保護主さんからは、かなりのやんちゃと聞いていましたが
小さな子特有のやんちゃさは、可愛いもので、
とても性格の良い子でした。

里親さんの所では、久々の卒業っ子との対面。
覚えていないのは、わかっているのですが、
こういう成長を見られるのって、嬉しいですね。

received_637819253067386.jpeg

前の子にそっくりなのだとおしゃられていました。



先日のTNRでは、保護した子が2匹。
そして、1件目のお宅には別の3匹の子猫。

2件目にも3匹の子猫の姿がありました。

16-11-03-16-18-33-316_photo.jpg

IMG_20161103_162301.jpg

2件目のお宅の3匹のうち、2匹は捕獲器で
捕まりました。
2ヶ月くらいの茶トラの兄弟です。
餌やりさんに預かって頂いています。

血液検査、陰性、検便は1匹回虫がいるので
お薬をもらっています。
この子達も里親さんを探します。

TNRって、終わってからのフォローも大変ですね。
子猫がいれば、また増えるので、出来るだけ
保護して里親さんを見つける等しないといけません。

幸い、皆さんが最後まで面倒を見ますと
言って下さっているので、私達はお手伝いだけで
済んでいますが・・・

こういうことがきっかけで、町全体の意識が
変わることいいなと思います。
2016年11月02日 (水) | 編集 |


先週は、TNRの準備で大忙しでした。
依頼された方の所に訪問し、状況の確認から
捕獲機の確保と分配、捕獲のお手伝いと
色々と大変です。

経験してみてわかったことは、やはりきちんと
した説明が必要なことです。
TNRの意味をお伝えすることと
捕獲当日の流れ、手術が終わってからのことは
-前もってしなければならなかったと反省です。

でも、1度経験されると皆さん変わります。
捕獲機なんか使えないと言われていた方が
終わると、使い方をご近所さんに説明されるのです。

今回は、広島から犬猫みなしご救援隊の方が
こちらに来られて、約90匹のさくら猫が誕生しました。

私達がお手伝いしたのは、4件の方で合計17匹。
うち3匹が男の子で、あとは女の子ばかりでした。


1478084995652.jpg

そして、やっぱりと言っていいほど、子猫がいます。
2匹は別々のお母さんの子だそうです。

手前のシャムっぽい白い子の兄弟1匹は、TNRの数日前に
亡くなったのだとか。

奥のキジ白は、ご近所さんに預かって頂いて
シャム系の子は、私の友人が預かってくれています。
保護して、すぐに病院に走りましたが、体温が33.5℃と
低く、危険な状態だったと思います。

名前は蒼ちゃん。9月22日以前に生まれていると
聞きましたが、体重が400gしかありません。

ご飯も食べに来ていたそうですが、一番最後に
来るので、あまりちゃんとご飯も食べていなかった
ようです。

今は暖かいお家にいて、少しづつ元気に
なっているようです。



1477022662005.jpg

そして、来週末は譲渡会と手作り作家さん達との
イベントがあります。
少しでも幸せな子が増えますように!