5匹の猫と暮らしています。細々と猫のボランティア活動をしています。
2017年07月01日 (土) | 編集 |
昨年10月の一斉TNRの時に保護した
低体温で危険な状態だった蒼ちゃんが
虹の橋を渡りました。

蒼ちゃんの記事

今年の8月で1歳を迎えるはずたった
蒼ちゃん。

thumbnail_IMG_20161207_092503.jpg


キレイなブルーの目をしていて、短いしっぽが
可愛くて、可愛くて。

未熟児だったこと、35℃という低体温だったこと
そんなことが災いしたのでしょうか・・・

せっかく里親さんが見つかって、幸せになったと
思っていたのですが、里親さんからの近況報告では
あまり体重が増えていないこと、前足が曲がってしまったこと
段々と出来ることが出来なくなっていって、
それでも里親さんはしっかりと蒼ちゃんを看てくれていました。

当初は、先住猫ちゃんと仲良くなって、こちらもうれしく思っていましたが
ここ数カ月はきっと里親さんもお辛い経験だったと思います。

何度かお見舞いにも行かせてもらって、
先々週は、Kさんと小さな小さな蒼ちゃんを抱っこさせて
もらいました。

保護されたのが寒い時期だったので、あのままだときっと
蒼ちゃんはもっともっと短い猫生だったと思います。

それが、兄弟が出来て、たくさん遊んで、
飛んだり跳ねたり、きっと里親さんのお家では
楽しかったことでしょう。

外の子達は、大半が誰に看取られることもなく
この世を去っていきますが、蒼ちゃんは暖かいお家で
里親さんに大切にしてもらえて、本当によかったと思います。

蒼ちゃん、今度は元気で長生きが出来るような
体でこちらに来て下さいね。

里親様に感謝。蒼ちゃんを落ち着くまで預かってくれた
Kさん、Tさんに感謝。
蒼ちゃん、ありがとうね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する