5匹の猫と暮らしています。細々と猫のボランティア活動をしています。
2017年10月13日 (金) | 編集 |
先週の土曜日に保護する予定だった子がいます。
人慣れしている外の子達は、危険にさらされることが
あるので、何とか大人猫でも保護したいと思うのですが・・・

DSCF2481.jpg

別の餌やりさんがお世話している子ですが
みな気にしていたので、我が家の保護部屋があいたこともあり
週末に保護しようということになっていました。

土曜日は雨で、夕方雨がやんでから、こちらに
来たのですが、この子の母猫と前から一緒にいる子しか
出てきません。

しばらく探していたのですが、暗くなってきたこともあり
諦めました。

誰かいい人にもらわれたかもと、餌やりさん(I)さんと
話をして、別れました。

次の日もIさんが、連絡をくれ、やっぱりいないと・・・

その翌日もやはりいないと連絡があった後、夜になって
電話をもらいました。

いつもお世話をしているご夫婦のご主人が
土曜日は雨が降るからと朝早めにご飯をあげに
行った時には、彼は交通事故に遭い、冷たくなっていたそうです。

何の運命でしょう。
私ももう少し早くに決断すればよかったのですが、
他の餌やりさんの面倒を見ている子を、勝手に
連れ帰る訳にもいかず、でも、さぁ今日という日に亡くなっていました。

こういうことは度々あって、TNRが中々出来ない母猫の子を
保護する前日にいなくなってしまう。

すべての子を保護出来ればいいのですが、個人の私では
そこまでのキャパもなく、ではどうすればいいのかというと
不幸な命を少しでも少なくするTNRをしていくしかないのかなと
思っています。

彼が生きていたことをここに記しておきたいと思いました。




合掌・・・
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する