5匹の猫と暮らしています。細々と猫のボランティア活動をしています。
2017年10月21日 (土) | 編集 |


これ、なんだかわかりますか?
今週水曜日辺りに、餌やりIさんのお世話している
猫達がいる場所に置かれていたキャリーと
衣装ケースです。

また遺棄されています。
確認出来ている子達は、成猫4匹と子猫1匹。
台風が週末にやってくるというのに、それを
分かっていて、遺棄している。
許せません。

Iさんに子猫は保護しましょうとお話ししましたが
Iさんは、お散歩中の方に子猫がいると聞いている
だけで、姿を見ていません。

成猫の1匹がどうやら子育てしているような感じとの
ことです。

ここから少し離れた場所にも、衣装ケースが置いてあったと
辺りを見回した主人が確認しています。
本当に5匹だけでしょうか。

お家の中にいた子達なら、いきなり外に捨てられると
まずは交通事故の心配をしなければいけません。

彼らは、何が危険で、何が大丈夫かわからないのですから。
雨風がしのげる場所を見つけるにも一苦労します。

そうやって辺りを歩き回っていて、交通事故に合うことが
頻繁にあります。

今月この場所には、すでに10匹以上の子が
遺棄されています。

3匹は、ある方が引き取ってくれましたが
1匹は行方不明、1匹は交通事故で亡くなっています。

そして、これからIさんの負担が増え、TNRも
することになるでしょう。

貴方がここに置いていった子達は、簡単には
生きてはいけないことを知って下さい。

当面のカリカリを衣装ケースに入れていたつもりでも
ここはカラスもキツネもタヌキもいます。
彼らは、この寒空のした、これからどれだけの
苦労をしていかないといけないのか、想像してみてください。

動物を遺棄することは犯罪です。
命をなめんなよ、そう言いたいです。


明日の譲渡会は開催されますが、このお天気故
参加猫ちゃん達も、来る子もいれば、来ない子も
いると思います。
どうそ応援お願いします。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する