4匹の猫と暮らしています。猫の保護活動も始めました。
2017年07月17日 (月) | 編集 |
1500188102222.jpg

人慣れした女の子。
いつもの場所にこの春、もう1匹の大人しい男の子と
一緒に捨てられていました。

週1しか行かない私にもなぜさせてくれます。
お家で幸せに暮らしていただろう子が
外で暮らしていくには、相当な苦労があると思います。

餌やりさんに大切にされていますが、耳は蚊に刺された跡が
いっぱい。

捨てられて早々に妊娠、出産しましたが、どうやら
赤ちゃんは育たなかったようです。

この子はどうぶつ基金さんのチケットを
使わせて頂きました。

別の餌やりさんが、その日に返すのは可哀想と
1晩おいてくれていますが、餌やりさんのそばで
疲れたのか眠ってしまうくらい人懐こい子です。

本当は保護出来たらと思いますが、今はどこも
いっぱいで、元に戻すしかありません。

秋には、出来れば保護したい子です。



IMG_20170716_174713.jpg

そして、もう一匹の男の子。
捨てられた当初は、いじめられて、びくびくして生活していましたが
段々と慣れてくると、そこにいる7,8匹の猫達を追い払うようになり
元いた子達がちりじりになってしまったそうです。

足の悪い餌やりさんは、遠くまでご飯を運ばないといけなくなり
膝も痛くて大変で・・・とこぼしておられ、捕獲しました。

渦が入った、男の子。
この子は近くの病院に搬送して、今日手術をしてもらいます。

こんな風に捨てられる子が1匹でも減りますように。
2017年07月16日 (日) | 編集 |
本日2回目の更新です。
前の記事も読んでね!

1499927767989.jpg


輝の1回目のお家にお届けが完了して帰り際、
その方をご紹介下さった、以前の保護っ子の里親さんから
相談がありました。

お友達のお家の猫が脱走して、戻ってきたのですが
全く妊娠に気づかず、ある朝息子さんの部屋で2匹の
子猫が生まれていたそうです。

それだけならよかったのですが、先住猫さんが
ものすごく威嚇して、大変で、1匹はお友達が里親さんに
なって下さったのですが、もう1匹が・・・ということで
無理を言って、友人のKさん、Tさんにお願いしました。

レオは、時期が来たら、血液検査をして、お声かけしている方が
引き取って下さることになっています。

1499927771614.jpg

1ヶ月のクリーム色の男の子。
ワクチン、検査がクリアになったら
君は幸せっ子になるよ!

それまで、Tさん宜しくお願いします。
2017年07月16日 (日) | 編集 |


さて、随分とブログをさぼっていましたm(__)m
ばたばたと毎日が過ぎていきます。


少し前に保護された茶トラの男の子
輝君。

大雨の前日、側溝で子猫の声が数日前からすると
いつもの餌やりさんのお宅のご近所さんからの情報。

捕まえたら保健所か、いやどうしたらいい???と
ご近所さん総出で、捕獲をするも失敗に終わり
(大人が5,6人出てきて、あれこれ言っていたら子猫は出てきません)
その日は、大雨で心配していましたが、あるお宅の
ガレージにいる所を保護されました。

朝、そのお宅の方から連絡があった餌やりさんが
一人でそーっと捕まえたそうです。

よほどお腹がすいていたのでしょう。
ガツガツご飯を食べたら、あとは人にくっついて回る
人懐こい子でした。

ちょうど、輝が保護された時に、茶トラが良いと言って
下さる方が現れて、1週間後にこちらに引き取り、お話しを
進めて、お見合い後、トライアルに行ったのですが
娘さんがアレルギーを発症してしまいました。

輝はとても良い子で、里親さんもワクチンの予約もして
色々と揃えて下さっていたのですが、泣く泣くご相談を
受け、戻ってくることに。

1500102803439.jpg

2ヶ月過ぎの男の子。血液検査、陰性、ワクチン1回済。

o1025144613982665155.png

こちらの譲渡会に参加予定です。

小さな命が繋がりました。
皆さん応援して下さい!
2017年07月07日 (金) | 編集 |


中々ブログ更新もままならずに・・・
先週の日曜日に、クロクロ兄弟の正式譲渡に
行ってきました。

写真は、キキちゃんことりんちゃん。

1499258505556.jpg

ちょうどねむねむだったジジ君こと、そら君。

天井まである大きなキャットタワーに、今では
一番上まで登っているそうです。
お部屋も色々と工夫して下さっていました。


そら君は、娘さんのお膝で抱かれるとずっと
眠っているのだそうです。

そら君、りんちゃん、おめでとう!!






IMG_20170707_162925.jpg
我が家の保護っ子陽。
今日は代休で午後から仕事が休みでしたので
一緒に昼寝しました。
2017年07月01日 (土) | 編集 |
昨年10月の一斉TNRの時に保護した
低体温で危険な状態だった蒼ちゃんが
虹の橋を渡りました。

蒼ちゃんの記事

今年の8月で1歳を迎えるはずたった
蒼ちゃん。

thumbnail_IMG_20161207_092503.jpg


キレイなブルーの目をしていて、短いしっぽが
可愛くて、可愛くて。

未熟児だったこと、35℃という低体温だったこと
そんなことが災いしたのでしょうか・・・

せっかく里親さんが見つかって、幸せになったと
思っていたのですが、里親さんからの近況報告では
あまり体重が増えていないこと、前足が曲がってしまったこと
段々と出来ることが出来なくなっていって、
それでも里親さんはしっかりと蒼ちゃんを看てくれていました。

当初は、先住猫ちゃんと仲良くなって、こちらもうれしく思っていましたが
ここ数カ月はきっと里親さんもお辛い経験だったと思います。

何度かお見舞いにも行かせてもらって、
先々週は、Kさんと小さな小さな蒼ちゃんを抱っこさせて
もらいました。

保護されたのが寒い時期だったので、あのままだときっと
蒼ちゃんはもっともっと短い猫生だったと思います。

それが、兄弟が出来て、たくさん遊んで、
飛んだり跳ねたり、きっと里親さんのお家では
楽しかったことでしょう。

外の子達は、大半が誰に看取られることもなく
この世を去っていきますが、蒼ちゃんは暖かいお家で
里親さんに大切にしてもらえて、本当によかったと思います。

蒼ちゃん、今度は元気で長生きが出来るような
体でこちらに来て下さいね。

里親様に感謝。蒼ちゃんを落ち着くまで預かってくれた
Kさん、Tさんに感謝。
蒼ちゃん、ありがとうね。